teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:50/247 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

今を生きる

 投稿者:ヒロシ40才メール  投稿日:2011年 4月 9日(土)21時06分23秒
  通報
  先の東日本大震災で亡くなられた方々の御冥福をお祈りいたします。
久しぶりです、ヒロシです。
2010年10月末にヤマダ電機の出入り業者であるパソコン・サポートの仕事を辞めてから4ヶ月間、求職の為に履歴書を送ったのは6社。
その内の5社は面接にも至らず、最後の6社目である配送業だけが面接してくれて〝この面接が自分の人生の最後のチャンス〟だと思い、しがみつく思いで面接に挑み、契約社員として雇用されました。
しかし、現実は厳しく、人生初の運送業は自分にとって何もかもがチンプン・カンプンで、尚且つ、40才の体が言う事をきいてくれず、心身ともに疲労する毎日が1ヶ月経過しました。
例えるならば、まるで毎日がトライアスロン(経験が無いですが)か、中国雑技団に入団する為の訓練の日々の様です。
明日は、自分の運転するトラックにトレーナー(教官)が同乗しない一人立ちの日です。
午前に9店舗、午後に9店舗、計18店舗のファミリーマートに弁当やパンや雑貨を納品する仕事です。
簡単だと思って飛び込んだ、この世界。
実際は、厳しいのか、自分で自分を厳しく苦しめているのかは分からないのですが、自分自身の生き方と考え方を180度変えなくてはならない程の思いをしたと感じます。
自分で選んだ、この仕事がイイか悪いかなんて考える暇も無く、1ヶ月が経過したというのが正直な思いです。
そんな今日、家に哲学者ニーチェの事が書かれた本に目を通したら、今の自分の様な状況になった時のモノの考え方が書かれていました。
【人は〝もしも、この道を選んでいたら〟や〝本当は、こうだったら〟と考え、現状よりも良い生き方が本当は在るんじゃないか?と考えるが、そうではなく、今を前向きに捉え、今しか無いと思い、現状に注力して生きる方が悔い無き人生だ】とニーチェは言っています。
たかが本に書かれている事ですが、されど人間の生き方とも自分は受け取れました。
世の中に楽な仕事は在りません。
どんな仕事を選んでも苦労は付きものです。
だったら、転職を繰り返して無駄に時間を費やすよりも、自分の心の刃が折れるまで、今の仕事に専念した方が悔い無き人生かなと思いす。
いつか、今の仕事に慣れ、心の余裕ができた時に、しっかりとニーチェの本を読んでみたいと思います。
 
 
》記事一覧表示

新着順:50/247 《前のページ | 次のページ》
/247