teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:11/447 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ありがとうございます。

 投稿者:YUKI  投稿日:2016年 6月27日(月)23時15分9秒
  通報 返信・引用
  さすが、翻訳前に原書で読んでいらしたのですね。
私は、キャロルのアリスへの求婚説を、家庭教師のメアリがキャロルに一方的にふられた(思わせぶりな態度と勘違いした怒りと恥)腹いせに流したデマだとして、子孫としては誤解を解こうとして書いたのかなと思いました。
実際にキャロルとメアリの噂もあったと言う話もあったようですし。
でも、やはりメアリの子孫は怒らないのかなと心配ですね。。(別の方とお幸せになったようなので安心しましたが。)
アリスは魅力的ではありますが、ちょっと嫌な子に描かれていましたけれども。。^^;
たしかに子孫だからこそ、フィクションとしては誤解されそうですね。実際評判はどうなんでしょうか?

それにしてもタイトルの翻訳、今度の映画も同じなのですが、「鏡の国」は無視されますねぇ。。そこまで知名度ないでしょうか?
 
 
》記事一覧表示

新着順:11/447 《前のページ | 次のページ》
/447