teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


高いカニを殺す

 投稿者:sabao  投稿日:2018年 2月23日(金)22時09分28秒
  俺は手や足の裏にものすごく汗をかく。ひどいときは靴下がびしょびしょになって、靴の中で足が滑るほどだ。最近はそれが高じてぬめりを伴うようになってきた。
昔実家にいたころ高いカニが丸ごと一匹生きた状態で送られてきたことがある。生きたままそれを捌こうとして包丁を入れた時からカニの甲羅表面よりぬめぬめした粘液が湧き出てきて驚き慄いたことがある。それがいま俺の手足からぬめり出てきているのだ。キモイ。命のやり取りはきれいごとでは済まされない。命とはキモイものである。
高いカニを殺すこととはキモイ命を学ぶということだ。安いカニは存在しないのかもしれない。
 
 

新陳代謝

 投稿者:sabao  投稿日:2018年 2月21日(水)21時43分41秒
  会社に10年以上いてるけど、入社当初の意気込みは今の段階でゼロになってしまった。それは会社が変わったこともあるし、自分の新陳代謝が行われたせいでもあると思う。入社当初は会社のためになることが第一だと頑張っていた。今はだめだ。昇給もいきなり止まったし、異動が多くなったし辞める人も多いし。俺は毎晩飲む酒が増えて、さらに精神安定剤ものんでいる。屁を軽くしたら下痢がでた。パンツを風呂場で洗った。その姿は父親としてどう映るのか?俺は果たして父親と言えるのか、俺的には自分は父親として君臨できていると思っている。酒を飲みすぎやな。  

仕事に対するやる気

 投稿者:sabao  投稿日:2018年 2月20日(火)21時00分25秒
  仕事を辞めていく同僚が多い。それに伴い自分の仕事に対するモチベーションが底辺で腹を擦って傷だらけになってしまった。内臓が飛び出そう。自分は世間が狂信的だと思っている宗教団体も、今の会社も同じだと思っている。おれは酒におぼれているのです。酒を頼って日常から逃げているのだ。それと同時に日常的には責任感が強いようなので、クレームがつかないように仕事で気を使っている。日常から離れたいのと日常をうまくこなしたい気持ちが同時に身体にあることがいけないことだと思う。偉そうにふるまうやつはポア。俺は横山やすしばりに自分を大切にしていくさ  

苦情から受け取る

 投稿者:sabao  投稿日:2018年 2月16日(金)21時46分39秒
  俺は一体なにを生業としているといえるのだろうか。何のために働いているのであろうか。
こんなことを考えたのは、顧客からクレームを受けたからだ。もちろんクレームを受けるのは心的ダメージも伴ってつらいことだ。しかし、冷静に分析してみると精一杯頑張ったけど、自分の中に甘さや緩みがあったことを認めざるを得ない。今の仕事の取り組み方はプロフェッショナルといえるのだろうか。誰のために仕事をしているのだろうか。クレームとは心的ストレスではあるが、真摯に向き合うことで「教え」として自分に役立つのであると、そういう風に感じられるようになればいいなと思う一日であった。実際にはそこまでには至っていない。クレームに対して毒づいている自分しかいない。
 

あべのせいめい

 投稿者:sabao  投稿日:2018年 2月10日(土)21時32分12秒
  そやな、そやな。わかるで。くるしいな、かなしいな。そやな。そやな。うん、わかるで、くるしいな。かなしいな。そやな、そやな、うん、わかるで、そやな。うん、うん、そやな。くるしいな、そやな、かなしいな、うん、そやな、わかるで、そやな、うん、うん、せやな。  

ぼうめい

 投稿者:sabao  投稿日:2018年 2月 9日(金)21時49分33秒
  医師を透明に飛ばしたい。ばすっという感覚でな  

長く走る

 投稿者:早馬男  投稿日:2018年 2月 3日(土)22時23分33秒
  長い距離を走るということだけに着目すれば、人間は一生走り続けることができるということが断言できます。走っていてしんどいなと思えば速度を緩めるのです。ゆっくりであれば走っていても止まっててもスタミナ的にはなんら変わりはありません。むしろゆっくり走っていることの方が過ごしやすく、時間もすぐに経ちます。下手に止まって休憩などをしようとした方が休憩せねばという強迫観念にさいなまれて発狂しかけるので、心はずたずたになるのです。眠らなければならないという強迫こそが身体を疲れさせるのです。人間の体は常に心地よい状態を維持することを求めています。走っている状態が心地よいのであれば一生それを続けるのが良いことです。無理に休んだり眠ったりする必要などありません。眠らなければ死ぬ。そんなことあるでしょうか?私はそんな理論に対してびっくりします。ゆっくりです。スピードは除外しましょう。前に進み続ける。または、一歩前に進む。それをずぅーっとやればマラソン選手よりも生涯進む距離はだんとつに多くなるのです。  

早く走る

 投稿者:早馬男  投稿日:2018年 2月 3日(土)22時07分46秒
  ジョギングの際には常に、これは長距離を走るジョギングなのだから全速力で走ってはいけない、という無意識の決めつけがなされている。しかし、本当にそうなのだろうか?トモフスキーの曲に「体力に限界はあるのか」という曲がある。全速力でずーっと走ったらええやないか。別に走ろうと思えばできる話だ。足の骨が折れたりすれば別であるが、走れる身体がある限り全力で走るのをやめなければよい。ラストスパートでスピードを上げられるのであれば、最初からずーっとその速度を維持すればいいのである。速度を緩めるのはいつも身体的理由や体力ではなく、自分の意思である。走るということは速度を維持することだ。早く走りたいのであれば、それを全速力に設定すればすごく早く走れるのだと、そう思うのだが・・・
その考え方を仕事に活かせと言うこともできるが、それはまたちょっと別の話だ。
 

お茶漬け・街道・まっしぐら

 投稿者:sabao  投稿日:2018年 1月28日(日)22時54分49秒
  自分の調子が良い時と悪い時がある。37年生きているので、そのバイオリズムは何となく把握している。お茶漬けを毎朝食べても飽きないブームがいまなのであるが、何かにつけて調子が良いのだ。うんこは下痢気味傾向から硬めに移行しているし、仕事でも成績について良い傾向がある。うんこが硬めに移行しているのはお茶漬けというおなかに優しいもののおかげだとおもう。さらに最近はジョギングの調子もうなぎ上りで、ペースも段々上がってきている。途中ばてないのはやはりお茶漬けによる内臓環境の改善によるものだと思われる。飛脚のようににただいまお茶漬け街道まっしくら!!!  

眼科・ラーメン・サッカー教室

 投稿者:sabao  投稿日:2018年 1月25日(木)21時50分53秒
  今日の出来事を表すとすれば表題の通りである。らーめんはコムギノキラメキ。スープの濃さと寒さも相まって下痢が止まらない日であった。それにしても冬が寒いというのはざわついていた精神が落ち着くというものだ。仮に1月が10度以上の日があれば俺は精神を病んで生死の淵をさまよい、製紙工業に従事するものである。冬は寒く夏はあついのがいい。息子のサッカー教室では、この寒さで息子は半袖で走り回っていた。それはやりすぎやと言ったけど、俺もその前に走って汗だくになって、半袖になってたしな。冬と半袖は危険な隣り合わせやな。  

レンタル掲示板
/29