teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


特別なこと

 投稿者:sabao  投稿日:2017年 7月22日(土)22時04分41秒
  今日は朝起きて虫かごをみたらかなり汚れていたので、息子に水をかえさせようとしたが、自分でザリガニをつかむことがなかなかできなかった。無理やり掴ませようとしたが、怖がって掴まなかったため、自分で世話でひんかったら逃がすといったら、泣きながらつかめへんからもう逃がすといったので、腹が立って近くの用水路に逃がした。腹立ちまぎれにやってしまってかわいそうなことしたと後悔もしたが、その後話し合ったら、息子は自分はまだ触れないから逃がしてよかったといった。そのあと逃がした場所に息子を連れていったら、まだそのザリガニがいたので、バイバイをした。命の事を学ぶためには命の犠牲が必要かもしれないが、今回はザリガニの命を犠牲にするのではなく、死なせないために大事にしていたものを逃がすという心の犠牲を負った。もちろん、自分の心も痛んだ。一緒に飼っていたカエルも逃がしたが、虫かごを開けると、逃げる前に一瞬こちらを見て、「いいの?」っていう表情をしたので、軽く頷くと、嬉しそうに飛び立っていった。命を考えた日である。蚊は躊躇なく殺す。  
 

ふつうのこと

 投稿者:sabao  投稿日:2017年 7月19日(水)21時09分40秒
  今日は仕事が休みの日であった。
仕事のことを忘れようと、昨日の夜に酒を飲みすぎたため、目覚めは少ししんどかった。
夏休み前なので、二人の子供はどちらも午前中に家に帰ってくる。嫁さんの提案で帰ってきた後はプールに行くことになった。そのため午前中に走っておこうと、10時半ころからジョギングしたが、熱すぎてくらくらした。あとから振り返ると、この時間帯が今日で一番暑い時間であった。一度歩いてしまったが、それ以外はしんどいながらも頑張ったのではないか。
こどもが帰ってきて、そうめんを食べて、飼っているザリガニの虫かごの水替えをした。
とても臭かったが、ザリガニと、いっしょに買っているカニは元気であった。
その後、子供の宿題を終えてプールに行き、一時間半ほど遊んだ。
あまりに腹が減ったため、自分はセブンイレブンで唐揚げ棒を食べた。ちょうど10パーセント引きセール中であったため、110円で事足りた。おいしかった。
そして家に帰り、夕飯のとんかつを食べた。腹が減りすぎていたせいで、量が足りなかったのでちくわとお菓子を食べてしまった。腹筋、腕立て伏せはちゃんとした。
明日の仕事の予定をパソコンでみたら、朝早くから予定が入っていた。へこむ。
早くいかなければならない。休み明けに早く出勤するのは消耗する。休み明けでなくてもいつでも仕事に行くことには消耗させられるけど。
あ、そんな、休日であった。
 

公務員

 投稿者:娑婆悪  投稿日:2017年 7月16日(日)22時10分1秒
  公務員は市民の税金を貰って働いているのだから、市民のいうことをすべて聞くべきであるのか?実際に市民の身になって変わり、市民のために尽くす公務員はどのくらいいるのか?その姿が正しいのか?どの業界にも悪質なクレーマーは存在する。公務員の方が悪質なクレーマーに対応することが多いだろう。いくら税金を払っているからといって、悪質なクレーマーにまで献身的な対応を求められていては身が持たないだろう。では、年収という観点で考えてみよう。調べてみると、自分の年収より150%以上貰っているのは確実というではないか。

下僕となって働け。

ストレスで禿げ上がったとしても最後の一本が抜け落ちるまでクレーマーと対峙しろ。

税金で生活しているということをひと時も忘れるな。

自分は市民としての権利を余すところなく行使して、少しでも気に入らないことがあればすぐに

意見箱に以下のように投書するだろう。

「若い人も高齢者も同じ希望を持って暮らせるような、そんな幸せな町になればと願います」



 

万引きの誘い

 投稿者:差万悪  投稿日:2017年 7月15日(土)22時03分47秒
  この世には必要以上に物品があふれかえっている。
八百屋、百貨店、何品もありすぎているのである。
間引くという観点だけでみれば、ありすぎるものを間引く、万引きという行為は果たして罪なのであろうか。八百屋から万も引いたらそれは引きすぎだ。百貨店から万を引いても引きすぎている。しかし、百貨店には百どころか10万以上の品物があるような気がする。逆に八百屋には八百もの品物があるとは思えない。見栄をはっているのだろうか。百貨店においては実際よりも品数を少なく見せることにより、通常よりも利益を得ようとしているのではないか。
しかし、冷静に考えると万も引いたらそれはあかんやろと思う。1とか2の話とはかけ離れた議論だ。万はあかん。やりすぎや。掴まったら代償は万ではきかへんで。
 

麺たる

 投稿者:鯖殴  投稿日:2017年 7月14日(金)21時41分42秒
  タフな麺職人が麺を打つとき、ほぼ殺意を込めて麺を殴りつけているのをご存じだろうか。
身体中の細胞が怒りに震え、一個体が抱えることのできるストレスをはるかに超えた状態で、死んでしまえと拳に憎しみを握りしめて、麺を殴りつけるのだ。打ち付けられた麺は自分の身に起きたことを理解する暇もなく、無残に変形する。その無残な情けない姿にさらに怒りを覚えた麺職人はタガが外れたように麺を連打する。麺に憎しみとストレスを叩き込むのだ。
それは命を込めて仏像を削る彫刻家とは正反対の衝動である。
そんな風にして出来上がった麺をすする客を見ると(汁職人の作る汁については専門外だ)、怒りを打ち込む対象が麺であって本当に良かった、と少し気を抜いて微笑むのである。
怒りを打ち込む対象が子供とかに移る前兆を感じたら、すぐにメンタルクリニックに直行するだけの冷静な判断力は残しているつもりだ。しかしこと麺に対しては無慈悲に完膚なきまでに打ちつぶしてやることだけは宣言してやる!!!
 

殺されないように殺す

 投稿者:sabao  投稿日:2017年 7月12日(水)21時50分29秒
  すでに血にまみれた刃物を持って突進してくる狂人に殺されずにすむ自信はありますか?
刃先が自分の家族に向けられている場合、家族を守る自信はありますか?
私は一家の長であるため、自分の身ばかりではなく、家族を守る義務があります。
私は狂人に向かってパンチだとか、キックを用いて対抗しなければなりません。
しかし、優しい性格である私が放つパンチやキックは、果たして狂気にまみれた殺意に勝ることができるのでしょうか?
小学生の時、一番体に対する痛みを与えることのできる攻撃
それはももえちゃん。太ももの側面を膝げりしてやることで相手に最大の痛みを与えることができる、それが、ももえちゃん。
畑の野菜を引き抜くにもためらう優しい性格の自分でも、ももえちゃんならやれる。
私はももえちゃんで狂人から家族の命を守れるのである。そして・・・・
私を狙う狂人に告ぐ。
十分に太ももの側面を鍛えておけ。私の膝蹴りが筋肉の隙間を直撃しても動揺しないようにな!
本気でやりあった後は男二人だけで飲みに行こうではないか。
 

今日だけに言えること

 投稿者:sabao  投稿日:2017年 7月 8日(土)00時18分44秒
  今日だけに言えることはたくさんある。たくさんありすぎて今日だけでは言い切れない。忙しい日々、そのようにして、言えることのほとんどが言えないまま過ぎていく。
でも、
自分は明日にしか言えないことを
今日言ってしまうことができる

刺身が腐っているか腐ってないか、臭いでかぎ分けることにプライドをもって挑め
 

久慈杉照

 投稿者:sabao  投稿日:2017年 6月17日(土)22時23分37秒
  受験に失敗し4浪中の身である。日々勉強に明け暮れる杉照だが、今年こそはとの焦りからか逆に勉強に身が入らない。身が入らないまま、夜の9時を過ぎると不安になってくる。今年もダメなのだろうか。テレビで聞いた睡眠が記憶力に影響するという情報のもと、11時には寝たいと考えている。11時まであと2時間をきる9時すぎになると杉照は我を忘れて叫ぶ。近所迷惑も甚だしい大きな声で叫び続けて朝を迎えるのである。そういう妖怪。  

休日

 投稿者:sabao  投稿日:2017年 6月14日(水)21時38分40秒
  今朝は息子が小学校に行くのを見送ろうと思っていたのだけど、寝過ごして、玄関を出ていこうとする音を聞いて、急いで起きて2階の寝室から降りていったが、すでに玄関を出た後で間に合わなかった。それから幼稚園に行っている娘と朝ごはんを食べて、登園の時間までに長く伸びた髪の毛をはさみで切った。いつもは前髪だけだが、今日は後ろ髪を初めて切った。そして娘を玄関先で嫁と幼稚園に行くのを見送った。その後、落ちた髪の毛を吸うついでに1階全体の掃除機掛けを行い、食器を洗い、片づけた。嫁が帰ってきて、自転車でスーパーに買い出しに行ったのでその間テレビを見て過ごしたが、内容は覚えていない。午前保育の娘を11時半くらいに迎えに行き、その後うどんを食べに出かけ、そのあとイズミヤで酒とチーズと嫁の靴下を買って家に帰った。息子が帰ってくるまでに時間があったので、娘と一緒に30分ほど散歩して帰ってきて、少しギターを弾いてからジョギングに出た。ジョギングから帰ってきたら息子も学校から帰ってきていた。疲れていたのか、不機嫌で、それに伴い嫁も不機嫌であった。息子の宿題をするため、2階の息子の部屋に向かい、自分は本を読みながら宿題に付き合った。その後、嫁が前から気にしていた息子の足の指のできものを見てもらうため、嫁が車で病院に行った。その間に嫁が仕込んでいた唐揚げを油であげた。焦げた、風呂に入ったり、食器を洗ったり、布団を敷いたり、いろいろして、いま、嫁が二人を寝かしつけしている。これこそが休日である、  

ぬるま湯

 投稿者:sabao  投稿日:2017年 6月 8日(木)21時37分17秒
編集済
  今回は、男なら、という観点で語らせていただきたい。男なら、俺は、熱い湯につかる。その一点に尽きる。何分浸かるかって?
阿保か、時間なんか関係ないわ。どれだけその湯が熱いか、その温度が重要なんや!!
肩まで浸かってなんぼの世界や。心臓の負担とか、そんなことを気にする輩は、一生ぬるま湯に浸かっとけ!
ゆでだこと同じくらい赤くなった湯船のおっさんが、最強やということを、今日は言いたい。そして、言った。お前、なん度の湯に浸かったんか?
 

レンタル掲示板
/24